シルクロード探訪

2020/10/05

 ウズベキスタンにある都市の多くは、シルクロードの交易によって古くから栄えた都市です。サマルカンドはその代表例で、街には古い建造物が軒を連ね、街が丸ごと世界遺産に登録されています。市内にあるシヨブ・バザールでは、シルクロードの時代から人々が集い、今でも昔と変わらない賑わいを見せています。

 サマルカンドの西に位置するブハラもまた、古くからシルクロードの交易都市として知られた街です。こちらも街が世界遺産に登録されており、街はまるでイスラム建築の見本市のようです。青く輝くモスクのドームや、門のように突き出たイーワーンと呼ばれるアーチ、祈りの時刻を告げるミナレットなど、ウズベキスタンの地ならではのたくさんの建物を見ることが出来ます。 どちらの都市もタシュケントから高速鉄道で行くことができますので、タシュケント・サマルカンド・ブハラの三都市を巡るコースがおすすめです。

執筆者紹介

AsianNavi

AsianNavi編集部

AsianNavi(アジアンナビ)は、アジアの楽しい文化を発信するオンラインメディアです。
キルギス・ウズベキスタン・トルコ・UAE など、アジア各地の観光地、イベント、料理など、エキゾチックな魅力を持つ情報を取り上げ、読者の皆さんにお届けしています。

現地在住のスタッフが取材
YouTubeにて動画143本公開中!

Recommended