未来都市ヌルスルタン

2020/10/05

 カザフスタン北部の街ヌルスルタン(旧名アスタナ)は、カザフスタンの首都になるべく、ほとんど何もないところから造られた計画都市です。都市計画は日本の建築家黒川紀章によるもので、独特の近未来的な景観をしています。草原に立ち並ぶガラス張りビルや、夜景に輝く白いモスク、青い空に輝くバイテレクの塔を見れば、ここが一体どこなのか分からなくなる不思議な感覚が得られることでしょう。

 また、街には2017年のアスタナ万博で使われた施設が残っており、万博記念公園として展示されています。旧カザフ館「ヌル・アレム」はそのまま科学博物館になっており、八階建てのパビリオン内を自由に見ることができます。

Recommended

date2020/09/28

ブラナの塔・バラサグン遺跡の秘密

 ユーラシアのユートピア、キルギス。この地は砂漠や荒野の多い中央アジアで特別に緑が多く、それゆえに古くからシルクロードの要衝として栄えていました。シルクロードはいわばユーラシア大陸の大動脈であり、ヨーロッパから東アジアま […]

date2021/10/11

定番!タシュケントの観光スポット6選

  中央アジア・ウズベキスタンの首都タシュケント。 シルクロードの中継地点として栄え、古代から繁栄していた都市です。 日本ではシルクロードというとサマルカンドが有名ですが、タシュケントにも歴史的な建造物が数多くあり、訪れ […]

date2020/09/28

ビシュケクのキルギス料理レストラン

 東西の文化が混ざりあう中央アジア。混ざる文化は言語や習慣だけでなく、食文化もそうです。 麺料理の起源とも言われるラグマンや、お米とにんじんをふんだんに使ったプロフ、餃子に似たマンティなど、中央アジアの食文化は非常に多様 […]

date2020/09/28

夜のビシュケクを楽しもう!

今夜は踊りたい! Зимняя Бухта  週末にビシュケク中から人が集まるのがこのЗимняя Бухта(ズィームニャヤブフタ)。「冬の入り江」を意味するこのパブには、百人以上が同時に踊れる広いフロアスペースがあり […]