歴史

2020/10/05

 トルクメニスタンは砂漠のオアシスとしての歴史から始まります。アシガバード東のメルブ(現マル)は古代アケメネス朝ペルシアの時代にオアシス都市として栄え始め、イスラム王朝に支配されてからは学問の中枢として繁栄ししました。ペルシャ語詩の傑作と言われる「ルバイヤート」の作者ウマル・ハイヤームも、当地で天文台の主任として活躍しました。

 近代になるとロシアの征服を受け、1991年にソ連から独立するまで続きました。

Recommended